天照大神

天照大神、完全な天照大神(日本語:「天を照らす大神」)、日本の皇族が降下を主張する天の太陽の女神、そして重要な神道の神。彼女は、宝石のネックレスを授け、すべての神の住まいである高神原(「高天照大神」)を担当した父親のイザナギの左目から生まれました。彼女の兄弟の一人、嵐の神スサノオは、海の平原を支配するために送られた。行く前に、スサノオは妹を離れに行きました。誠実な行動として、彼らは一緒に子供たちを生み出しました。彼女は彼が彼女に与えた剣の断片を噛んで吐き出し、彼は彼女の宝石で同じことをしました。その後、スサノオは非常に無礼な行動を取り始めました。彼は田んぼの区画を壊し、妹の住居を汚し、最後に皮を剥いた馬を彼女の織りホールに投げ入れました。憤慨したアマテラスは洞窟に抗議して撤退し、闇が世界に降り注いだ。

他の800の無数の神々が、太陽の女神を誘い出す方法について話し合った。夜明け前に鳴く雄鶏を集め、洞窟前の榊の木に鏡と宝石を吊るした。女神アメノウズメ(q.v.)は、ひっくり返った浴槽で踊り始め、部分的に身をかがめ、集まった神々を大喜びさせ、笑い声を上げました。天照大神は、世界が暗闇に陥っている間に、神々がどのように陽気になることができるのか興味を持ち、洞窟の外には彼女よりも輝かしい神がいると言われました。彼女はのぞき見し、鏡に映った自分の姿を見て、雄鶏の鳴き声を聞いたので、洞窟から引き出されました。神はその後、しめ縄、つまり稲わらの神聖なロープを入り口の前にすばやく投げて、隠れないようにしました。

天照大神の主な礼拝所は、日本で最も重要な神社である伊勢神宮です。 。彼女はそこで、日本の3つの帝国の宝の1つである鏡に現れます(他の2つは宝石で飾られたネックレスと剣です)。天照大神と彼女の兄弟である月の神月読のミカトの性別は、太陽と月の世界的な神話の顕著な例外です。保食神の神も参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です