急速に循環する双極性障害における躁病の特徴がある場合とない場合のうつ病

うつ病は急速に循環する双極性障害の特徴として特定されています、しかし、急速なサイクラーの鬱病に伴う躁病の特徴の存在にはあまり注意が払われていません。急速なサイクリングで顕著な躁病の特徴の有無にかかわらずうつ病が発生する程度についてのより多くの情報を提供するために、双極性障害の学術専門センターで治療を求めている外来患者の急速なサイクリングの予備研究を実施しました。過去1年間のDSM-IV急速サイクリングを伴う40人のDSM-IVの情緒的に症候性の双極性外来患者は、症状と病気の特徴の体系的な評価を受けました。躁病および抑うつ症状、治療法、および臨床的特徴は、標準化された尺度で評価されました。大うつ病はほとんどの急速なサイクラー(85%)に存在しましたが、顕著な躁病の特徴はすべての落ち込んだ急速なサイクラーの半分でも明らかでした。自殺未遂の生涯の歴史は、純粋なうつ病または純粋な躁病を呈した人よりも、大うつ病と顕著な躁病の特徴を呈した急速なサイクラーで有意に一般的でした(p = .033)。躁病の特徴が付随しているかどうかに関係なく、うつ病の急速なサイクリング患者の約3分の1に抗うつ薬が処方されていましたが、躁病の特徴がうつ病を伴う場合、気分安定薬の使用頻度は低くなる傾向がありました。純粋なうつ病だけではなく、躁症状を伴ううつ病は、治療を求める急速に循環する双極性障害患者の間でより一般的である可能性があります。躁症状と並行してうつ病が発生する急速なサイクリング患者では、生涯にわたる自殺リスクが高くなる可能性があります。気分安定薬よりも抗うつ薬を好む地域社会での処方習慣は、この集団のさらなる気分の不安定化を促進する可能性があります。これらの暫定的な調査結果を確認するには、より大きなサンプルサイズでのさらなる研究が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です