加熱された私道のコストガイド:設置のヒントと請負業者のコスト

加熱された私道のコストと、その仕事に最適な人を調べます。すべての詳細は、私道の暖房付きコストガイドと最大4つの無料の請負業者の見積もりに記載されています。

車を降ろすために、私道から雪かきをする痛みを乗り越えたいと思う人はいません。雪だらけの私道に目覚めたことがあれば、不便さは言うまでもなく、それがどれほど苛立たしいことかはすでにご存知でしょう。あなたが自分でそれをしているのか誰かにお金を払っているのかに関わらず、あなたの私道から氷と雪をすくい上げてシャベルで切ることはあなたが進んで自分自身にさらされたくない面倒です。厳しい寒さで氷や雪が積もる地域に住んでいる場合は、暖房付きの私道を検討する必要があります。

雪に覆われた私道は、雪かきをしようとするとほとんどの時間を消費します。私道を使えるようにするために離れて。雪に覆われた私道を歩いたり運転したりすることは非常に危険です。滑って転倒し、重傷を負う危険性が非常に高くなります。

冬の間、私道と私道の安全を守るために、私道に雪や氷がないことを確認することが重要です。あなたの家族、友人、そしてあなたの家によく行く他の人々のような他の人々。

ほとんどの人々は、暖房付きの私道を着手する贅沢なプロジェクトと考えています。しかし、そうではありません。雪に覆われた私道で誰かが滑って転倒して怪我をした場合、あなたは実際に責任を問われる可能性があります。将来的に保険の信頼性に影響を与える可能性のある保険世帯の請求を行う可能性があります。

住宅所有者として、特に雪が降る気候に住んでいる場合は、暖房付きの私道を少し贅沢なものと考えるべきではありません。そして氷はその日の順序です。加熱された私道は、ほとんどの人がその設置について持っている誤解に反してそれほど高価ではない現代の技術です。しかし、私道を暖房することで、あなたと家族の安全を守り、私道から雪や氷を取り除くのに多くの時間を割くことができます。

私道は、私道の下に設置されるシステムです。私道を雪や氷から完全に解放します。屋内外に設置できる輻射熱システムです。屋外で使用する場合、雪の降る気候に住む住宅所有者にとって、暖房付きの私道は非常に有益です。

これが暖房付きの私道の仕組みです。温度が下がったり、極端に低い場合は、加熱された水と不凍液が加熱された私道のチューブにポンプで送られます。その後、私道に積もった雪や氷を溶かし、私道をきれいに保ちます。これらのプロセスはすべて、自宅の快適さからスイッチを押すだけで実行できます。次に、雪が奇跡的に溶けて、安全に歩いたり車で通り過ぎたりできる明確な私道が残るのを観察します。

加熱された私道を設置する利点

あなたはグループのメンバーですか暖房付きの私道に投資するのは贅沢な動きだと思う人はいますか?もしそうなら、あなたは加熱された私道の利点について啓発されるためにこのガイドを読み続ける必要があります。あなたを安全に保つこと以外に、あなたの家に暖房付きの私道を設置することには多くの利点があります。このガイドでは、暖房付きの私道に投資する必要がある理由の大部分について説明します。読み続けて情報を入手してください。

時間を節約

これは非常に明白ですが、正しい?私道が暖房されているということは、朝の時間を私道から雪かきに費やさないことを意味します。そうすれば、なんとか車を降ろすことができます。私道から氷や雪をシャベルで切るのは時間がかかり、1つの大きな手間がかかるため、疲れ果ててしまいます。

その上、外の凍えるような寒さに巻き込まれて、私道から雪を早く取り除くことを望んでいます。午前中に?予定されている作業に遅れるだけでなく、雪かきの煩わしさは確かにあなたの一日と気分さえも台無しにします。

寒い気候のために雪が降る地域に住むほとんどの人は朝早く起きて、私道から雪かきを始め、車を暖めます。これは、車をガレージから通りに移動して、仕事、学校、予定に出席したり、用事を済ませたりできる唯一の方法です。

暖房付きの私道を設置する場合は、この厳しいプロセスを経る必要があります。代わりに、安全を脅かす可能性のある積雪や氷の斑点を心配することなく、車に乗り込んで私道を運転するだけです。

加熱された私道は、私道から雪を溶かして出発します。車や通りを歩くのは明確で安全です。自分で手動で除雪するよりも短時間で雪が溶けます。自分で取り除くのに比べて、暖房付きの私道は特に朝に多くの時間を節約し、玄関先から不必要な遅延なしに便利に続けることができます。

お金を節約

加熱された私道の設置は、あなたが負担したくないかもしれない高価な費用のように思えるかもしれません。しかし、時間を考えれば、雪かきをしたり、誰かにお金を払って私道を定期的に片付けたり掃除したりするのを無駄にするでしょう。それは価値のある投資になるでしょう。

私道の暖房は、私道から雪かきをするために誰かを雇わなければならない状況での人件費が少なくなることを意味します。実際、手動で除雪すると、シャベルで舗装の一部をこすったり削ったりするリスクがあり、修理に継続的に費用がかかります。

さらに、舗装を加熱すると、私道を扱う手間が省けます。塩を使ったり、他の除雪剤にお金をかけたりすると、車や私道に損傷を与えることになります。加熱された私道の大部分は、設置後は実際に経済的に運用できます。

安全上の懸念を最小限に抑えます

加熱された私道は、重傷につながる可能性のある滑りや落下のリスクを排除します。氷は非常に滑りやすく、そのような私道を運転するどころか、歩くことさえ危険です。雪に覆われた私道は安全に運転できず、致命的な事故につながる可能性があります。

滑りや転倒による怪我のリスクに加えて、雪かきは健康上の懸念事項と見なされています。滑りや転倒を引き起こすだけでなく、腰痛、関節の怪我、筋肉の緊張、低体温症、凍傷のリスクもあります。暖房付きの私道を設置すると、これらすべてのリスクが排除され、私道は歩いたり運転したりするのに安全な場所になります。

塩害を軽減します

暖房付きの私道を設置すると、私道の除氷はもう必要ありません。これは、私道の除氷に岩塩、塩化カルシウム、または過酷な化学物質を使用する必要がないことを意味します。

塩は、舗装が蓄積しての小さな隙間に閉じ込められるため、舗装に損傷を与える影響があります。コンクリートまたはアスファルト。塩が溶けて凍ると、劣化した舗装に影響が見られます。さらに、塩は車両や隣接する植生にも損傷を与える可能性があります。さらに、子供やペットが誤って摂取した場合、除氷剤は健康に害を及ぼす可能性があります。

メンテナンスが少ない

暖房付きの私道が適切に設置されていれば、メンテナンスする必要はありません。それを操作する以外。設置中に、加熱された私道の発熱体が等間隔で大きく、私道に鋭い石が使用されていない場合、メンテナンスは最小限からゼロになります。さらに、加熱された私道には、交換やメンテナンスが必要な取り外し可能な部品がありません。

自動化

現在、完全に自動化された加熱された私道のモデルがあります。完全に自動化された加熱された私道は、ドライブに雪が存在することを自動的に検出できるシステムが設置されていることを意味します。または、温度が特定のレベルまで低下したことを検知します。システムがこれらの変化を検出すると、私道の雪や氷が自動的に溶けてきれいになります。

完全に自動化された加熱された私道の美しさは、家の快適さで設定を調整できることです。 。これは、パネルを簡単に操作できる場所に設置できるためです。

暖房付き私道の仕組み

暖房付き私道は、家にあるべきではない設備の1つです。欠如。先に述べたように、私道を通行可能で安全にするために、除雪には加熱された私道が使用されます。寒い気候の地域に住む人々は、雪に覆われた私道や氷のために滑りやすい私道を扱うことの欲求不満を理解しています。暖房付きの私道は、私道から雪かきをする時間を数え切れないほど節約し、家に安全に出入りできるようにします。

しかし、この素晴らしいアメニティが、雪や氷の悪夢を解決するためにどのように機能するのか疑問に思われるかもしれません。私道。加熱された私道は、主に、私道が表面に接触したときに氷や雪が溶けるのに十分なほど暖かく保つことによって機能します。このようにして、家への出入りを妨げるような積雪がなくなります。

暖房付き私道の基本的な考え方は、雪を溶かすことです。加熱された私道は、次の4つの主要な要素で構成されています。

  1. 表面から数インチ下からコンクリートまたはアスファルトを通して熱を放射する機能を持つ加熱要素
  2. 温度変化を検出し、自動的に加熱プロセスを開始するように設計された温度センサー
  3. 加熱された私道に電力を供給するためのコンセントに接続するコードを備えた電源
  4. 加熱された私道の熱を手動で調整したり、存在の有無にかかわらず熱を自動的に調整するようにプリセットしたりできるコントロールパネル

加熱された私道の種類

加熱された私道2つの異なるタイプで利用できます。どちらも効果的に働き、舗装に積もった雪や氷を溶かします。しかし、これら2つの加熱された私道システムには、それぞれ独自の利点と機能があります。加熱された私道には、次の2つのタイプがあります。

  1. ハイドロニックシステム
  2. 輻射熱(電気コイル)

ハイドロニックシステム–このタイプの加熱された私道は、PVCチューブを循環して舗装とその上の表面を加熱する、水ベースの不凍液混合物を使用するように設計されています。通常、ポンプが不凍液の混合物を循環させます。

温水システムを適切に機能させるには、ボイラーとチューブを購入し、コンクリート工事を準備する必要があります。結果として、これらすべての要件により、暖房付き私道のこのオプションの設置には少し費用がかかります。しかし、温水システムの利点は、一度設置すると比較的安価に稼働できることです。

放射熱(電気コイル)–このタイプの加熱された私道は、通常コンクリートまたはアスファルト舗装に設置される電気コイルを使用します。次に、それらは配線され、電源用のコンセントに接続されます。設置中、電気ケーブルは少なくとも2インチ離して十分な間隔を空ける必要があります。次に、それらは水面下に数インチ埋め込まれます。

設置中、加熱された舗装には、ケーブルをアクティブにするセンサーが装備されます。これは、加熱された私道システムに付属のコントロールパネルを介して行われます。このタイプの加熱された私道システムは、選択した温度レベルに応じてその操作を自動化する自由を提供します。コントロールパネルを手動で操作し、必要に応じてプリセット設定を変更することもできます。

暖房付き私道の設置費用

暖房付き床を設置する基本的な理由は、私道を暖かく保つためです。冬の季節に雪と氷を溶かすのに十分です。過去には、暖房付きの私道は贅沢品と見なされていましたが、高級高級住宅でしか見つけることができませんでした。ただし、特に寒冷気候が頻繁に発生する地域では、暖房付き私道が大多数の住宅所有者に一般的になりつつあります。

暖房付き私道の設置費用は、地域、私道のサイズなどのさまざまな要因によって異なります。と請負業者の費用。一般的に、私道の暖房費は1平方フィートあたり14ドルから22ドルの範囲です。平均的な私道がある場合、放射暖房システムに約1300ドルから7500ドルを費やすと予想され、平均コストは3892ドルになります。

温水暖房システムを設置する場合は、次の点に注意する必要があります。このタイプの加熱された私道は、既存の私道の下に設置されます。温水暖房システムの設置費用は4000ドルから5000ドルの範囲です。このコストには、ボイラー、特定のエリアのチューブ、およびコントローラーが含まれます。通常、温水暖房ユニットの設置には、電気暖房システムよりも費用がかかります。これは、設置には新しいボイラーユニットの設置または新しい給湯器の設置が必要なためです。

温水暖房システムの設置中は、チューブの距離が設置の全体的なコストに影響します。これは通常、固定されたチューブと電気接続点の間の距離です。距離が遠い場合は、設置コストが高くなると予想されます。

新しいアスファルト加熱式私道を設置する場合、平均コストは約4500ドルになり、コストは最大で高くなる可能性があります。 33500ドル以上。これには、放射加熱システム、新しいアスファルト私道の設置に必要な材料、およびこれら2つの設置が含まれます。ただし、この費用には既存の私道の撤去は含まれていません。

また、私道のサイズが設置の全体的な費用に大きな影響を与えることにも注意してください。暖房が必要な新しい私道の部分のサイズと暖房システムの動作モード。手動または自動制御のどちらでも、新しいアスファルト加熱私道を設置するための全体的なコストに影響します。

たとえば、約12フィートx 50フィートの標準的な2台の車のアスファルト加熱私道を設置する場合は、約8550ドルを費やします。約4分の1マイルの新しいアスファルト私道を設置する場合は、約33,500ドル、場合によっては約33,500ドルの費用がかかると予想されます。実際、ハイエンドの私道に新しいアスファルト加熱私道を設置するコストは、約65,000ドルから300,000ドルかかる可能性があります。

新しいコンクリート加熱私道の場合、平均コストは約2200ドルから14,200ドル。この費用には、私道と暖房システムが含まれます。ただし、上記の費用には既存の私道の撤去は含まれていないことに注意してください。

通常、新しいアスファルト加熱私道の設置費用は、新しいコンクリート加熱私道の費用よりも高くなります。平均的なコンクリートの加熱された私道を設置する場合、総費用は約$ 7,550になるはずです。私道の費用は通常合計で約1850ドルから6050ドルで、残りの費用は暖房システムにかかります。

その他の追加費用

設置中に予想される追加費用加熱された私道の費用は、古い私道を解体する費用になるはずです。

古いアスファルト私道の撤去–DIYおよび専門家の費用

平均費用は約500ドルから1100ドルになると予想されます。アスファルト私道を専門的に撤去するための人件費について。

ほとんどの請負業者は、古いアスファルト私道を撤去するために1平方フィートあたり約2.60ドルから3.55ドルを請求します。ただし、小さな仕事は、比較的大きな私道よりも1平方フィートあたりのコストが高くなる可能性があります。たとえば、約10×20フィートから12×25フィートの短い私道は、専門家による撤去で平均約550ドルから1200ドルの費用がかかる可能性があります。ただし、撤去の費用は、私道のサイズ、アスファルトの私道と砂利の土台の厚さによって異なります。

DIYを選択した場合、アスファルトの私道の撤去費用はゼロから約100ドルになる可能性があります- 550ドル。一部の地域では、DIYの費用が表示の費用よりも高くなる場合があります。費用の違いは通常、地元の投棄料金、解体プロセスに必要な機器のレンタル費用、および撤去するアスファルトの私道のサイズによるものです。

一般的に、電気削岩機のレンタルほとんどの地域では、約60ドルから120ドルの費用がかかります。また、特にアスファルトの特定の部分を除去して直線を残す場合は、コンクリートのこぎりを借りる必要があります。先端がダイヤモンドの刃を使用している場合は、コンクリートのこぎりのレンタルに約35ドルから55ドル、摩耗に25ドルから130ドルの追加費用がかかると予想されます。

大規模なプロジェクトの場合は、アスファルトを除去するためのアタッチメントを備えた小さなバックホーまたはスキッドステアローダー。これらは1日あたり約160ドルから355ドルかかる可能性があります。アスファルトの私道を撤去した後、破片を処分する必要があります。良いニュースは、アスファルトは実際にはリサイクル可能であるため、破片を処分するのに費用がかからない可能性があるということです。ただし、アスファルトの残骸の投棄に対して請求されている場合は、トラック1台分に約5ドルから40ドルを費やすと予想されます。

古いコンクリートの私道の撤去–DIYと専門家の費用

コンクリートの私道を取り壊す場合、請負業者は平均1000ドルから2600ドルの費用を請求します。コンクリートの私道が鉄筋コンクリートで構築されている場合、つまり、スチールメッシュまたは他の金属棒と鉄筋が埋め込まれている場合は、重機を使用する必要があります。一方、非鉄筋コンクリートの私道の撤去は、通常、DIYを通じて実行できる管理可能なタスクです。

DIYを通じて非鉄筋コンクリートの私道を撤去する場合は、ハンマー、削岩機が必要になります。 、ブレーカーが取り付けられたコンクリートのこぎりまたはバックホー。 DIYによるコンクリートの除去の費用は、費用がかからないか、55ドルから500ドルになる可能性があります。費用は、撤去プロセスにかかる時間、必要な機器のレンタルまたは購入の費用、および地元のゴミ捨て場またはリサイクル料金によって異なります。

通常、削岩機を借りる場合は、 1日あたり約60ドルから120ドルのレートでそれを借ります。コンクリートのこぎりはレンタルに35ドルから55ドルかかり、ダイヤモンドチップの刃を使用している場合は、着用にさらに25ドルから130ドルを費やす可能性があります。アタッチメント付きの小さなスキッドステアローダーは、1日あたり約160ドルから355ドルの費用がかかる可能性があります。

DIYで古いコンクリートの私道を撤去する場合、作業の大部分は運搬と処分になります。集められた破片の。一部の地域では、コンクリートのリサイクルに対して比較的低い料金が請求される場合があります。ただし、一部の地域では、コンクリートの破片の処分または投棄にかかる費用は、標準的な2台の車のコンクリートの私道で約300ドルから800ドルになります。

鉄筋コンクリートの私道を解体する作業もある場合多くの、または関与して、あなたは仕事を手伝うために便利屋を雇うことができます。彼らはコンクリートを壊し、平均的な私道の場合は100ドルから500ドル、より大きな仕事の場合は600ドルから900ドルで運び去ります。

請負業者は、加熱された私道を設置する前に私道を取り壊すこともできます。約2〜4時間続く仕事の場合、請負業者は250ドルから550ドルの料金を請求します。

場合によっては、暖房付きの私道を設置する場合、完全に新しい私道を設置する必要がないことがあります。実際には、既存の私道でチューブを走らせることは可能です。ただし、土の締固めを含む私道を交換できるかどうか、私道の近くに木があるかどうか、時期によっては、いくつかの要因によって決まります。

ただし、古いものを交換することをお勧めします。加熱された私道を設置するときの私道。古い私道を交換することで、加熱された私道を正しく設置し、水面下のすべてが正常に動作していることを確認できます。暖房システムが既存の私道の下に設置されているほとんどの状況では、保証がないか、保証が付いていても制限され、多くをカバーできない可能性があります。

暖房付き私道の設置を計画している場合、既存の私道の下に暖房付き私道システムを改造する方がよいかどうかを判断することが重要です。または、暖房システムを設置するときに、既存の私道を取り外して新しい私道に交換したい場合。

新しい私道の設置には費用がかかる可能性がありますが、利用可能な私道の暖房の選択肢が増えます。システム。実際、電気ケーブルシステムと比較して、コストがかかり、加熱に必要な電力が少ない放射ヒーターを設置できます。

加熱された私道マット

ポータブル加熱された私道マットは完全に組み込まれた加熱された私道の代替オプション。それらは、より安価なオプションであるという点でのみ、ビルトイン暖房システムと同じ目的を果たします。コストを意識している場合は、寒い季節に私道を暖かく保つための次のオプションは、ポータブル加熱マットです。

ポータブル加熱ドライブマットのコストは、マットのサイズによって異なります。ポータブル加熱ドライブウェイマットの平均コストは、長いもので1000ドルから2530ドルの範囲です。または、必要に応じてマットをカスタムビルドすることもできます。費用はマットのサイズと電圧に基づきます。

種類加熱されたドライブウェイと設置 説明 平均コスト
暖房付きドライブウェイを設置するための全国平均コスト コストは地域によって異なります 1平方フィートあたり$ 14〜 $ 22
加熱されたドライブウェイを設置するための平均総コスト 標準のドライブウェイ $ 1300- $ 7500
Hydronic加熱されたドライブウェイ ボイラー、チューブ、コントローラーが含まれます $ 4000- $ 5000
放射加熱されたドライブウェイ $ 3,892
新しいアスファルト加熱ドライブウェイ $ 4000- $ 33500
新しいコンクリート加熱ドライブウェイ $ 7,550
加熱ドライブウェイマット $ 1000- $ 2530
古いドライブウェイの解体 説明 平均コスト
アスファルトドライブウェイの専門家による撤去 平方フィートあたり $ 2.60-$。355
コンクリートドライブウェイの専門家による撤去費用 2〜4時間の仕事 $ 250- $ 550
DIYドライブウェイの撤去費用 $ 100- $ 500
電気ジャックハンマーのレンタル $ 60- $ 120
コンクリートのこぎりを借りる $ 35- $ 55
小さなバックホーを借りる $ 160- $ 355
アスファルトの破片の処分 $ 5- $ 40トラック積載量
コンクリートの破片の処分 $ 300- $ 500
便利屋を雇って既存のコンクリートドライブウェイ $ 100- $ 500

加熱された私道システムを設置する前に考慮すべき要素

As先に述べたように、加熱された私道は、私道を暖め、雪や氷がないようにするために、コンクリートまたはアスファルト舗装の下に配置されるシステムです。ただし、自宅に設置することを検討する前に、不要なコストを回避し、設置の全体的なコストに驚かされるのを防ぐために、次の要素を考慮する必要があります。

暖房システム–設置する前に、暖房システムはあなたの家の暖房システムを使用します、またはあなたは暖房されたドライブウェイ操作のためだけに設計された暖房システムを持っていることを好むでしょう。これは、特に寒い地域に住んでいる場合に行う重要な決定です。これは、私道の暖房システムが頻繁に使用され、一定の熱供給が必要になることを意味します。暖房付き私道用の独立した暖房システムがあると、効率が確保され、家の暖房システムが過負荷になることはありません。

制御方式–暖房付き私道の設置を計画している場合、使用する制御方式のタイプは次のとおりです。考慮すべき重要な要素。手動操作システムまたは自動制御のどちらかを選択できます。

手動操作の加熱された私道システムは効率が低いと考えられていますが、それでも私道の雪を取り除き、氷を溶かすのに完全に機能します。技術的には、手動システムでは、雪が降る時期を予測してシステムを自分でアクティブ化する必要があります。

特に、暖房システムをアクティブ化する前に雪がすでに積もっている場合は、コールドスタートシステムが問題になる可能性があります。雪の一部を溶かすだけで、断熱材として機能することで状況を悪化させるデッドエアスペースができてしまう可能性があります。最終的に手動暖房システムを使用して積雪を溶かすには数時間かかります。

自動暖房式私道システムでは、システムは常に一定の動作をしており、雪が降り始めるまで低レベルで稼働しています。 。この時点で、自動システムは外気温の低下を検出し、より高いレベルで走行を開始するようにコントロールに信号を送ります。

自動加熱された私道では、雪が積もる可能性はありません。小さな雪はすぐに溶けて、私道をきれいで安全に使用できるようにします。高価なオプションですが、自動システムは手動制御の暖房システムよりも優れたオプションです。

可能であれば、手動暖房システムは避けてください。自動暖房システムを使用する暖房付き私道には、温度の変化を追跡し、湿気を検出するのに役立つセンサーがあります。自動システムは、手動制御とは異なり、積雪の可能性がないことを保証するために常に準備ができています。センサーは、雪が降る準備をするタイミングをシステムに通知します。

熱源–加熱された私道の設置を開始する前に、熱源を決定する必要があります。お湯や電気を使いますか?温水に依存する私道の暖房システム、つまり温水システムは初期設置コストが高くなりますが、この種のシステムは長期的にはかなりの金額を節約できます。一方、電気システムはメンテナンスフリーです。

費用の材料–加熱された私道の設置に必要な費用の材料を考慮する必要があります。他の建設プロジェクトと同様に、材料費はプロジェクトのサイズに応じて地域ごとに異なります。

私道のサイズ–設置する予定の私道のサイズは設置する加熱式私道システムのサイズとコストを決定します。

既存の私道を交換または改造しますか? –このガイドで前述したように、既存の私道を改造して、加熱された私道システム用のチューブを取り付けることを選択できます。または、古い私道を解体して、後付け可能な材料に変更することもできます。このようにして、さまざまな暖房付き私道の設置オプションを利用できます。

暖房付き私道システムの運用コスト

暖房付き私道の運用コストは、冬の極端な状況によって大きく異なります。季節が来る。言うまでもなく、お住まいの地域の気候が寒いほど、私道の暖房システムの運用コストは高くなります。明らかに、お住まいの地域で極寒の気候が発生している場合は、暖房システムが継続的に機能して、ドライブウェイに雪や氷がたまらないようにします。

電気暖房システムと温水暖房システムのどちらを設置する場合でも、加熱されたドライブウェイシステムを操作できるようにするには、さらに多くのエネルギーを使用する必要があります。一般的に、冬の季節が通常極端な地域に住んでいる場合は、通常は暖房のある私道を使用して、1平方フィートあたり毎年0.25〜0.50を費やすことを期待する必要があります。寒い季節が厳しくない地域では、同じ暖房付き私道システムで1平方フィートあたり約0.10ドルから0.25ドルを費やすと予想されます。

さらに、運用コストもお住まいの地域の電気代。実際、この要因により、電気代が高い場合は温水システムを使用することを選択できます。電気システムでは、エネルギー源として他の選択肢はありませんが、温水システムでは、天然ガスやプロパンなどの他の電源を使用できます。

結論

暖房付きのドライブウェイは、平均的な住宅所有者にとっては費用のかかるプロジェクトのように思えるかもしれませんが、そのメリットは、設置するコストに見合う価値があります。彼らはあなたが緊急の約束を急いでいるときに早朝に雪かきをしなければならない煩わしさを救います。また、私道を安全に保ち、滑り落ちて致命傷を負う可能性を防ぎます。

積雪をシャベルで運ぶために誰かにお金を払ったとしても、それは一時的なものであり、緊急に必要なときにサービスが利用できない場合があります。 暖房付きの私道は、技術的には雪の蓄積を防ぐのに十分なほど私道を暖かく保ち、冬の間私道にアクセスして使いやすくします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です