Spartacus Educational (日本語)

第一次世界大戦で戦った多くの兵士が塹壕の足に苦しんでいました。これは、寒さ、湿った、不衛生な状態によって引き起こされた足の感染症でした。塹壕では、男性は濡れた靴下やブーツを脱ぐことができず、水浸しの塹壕に何時間も立っていました。足は徐々にしびれ、皮膚は赤または青に変わります。治療しないと、塹壕の足が壊疽になり、切断される可能性があります。塹壕の足は、戦争の初期段階では特に問題でした。たとえば、1914年から15年の冬の間、イギリス軍の2万人以上の男性が塹壕の足の治療を受けました。フランク・パーシー・クロジエ准将は、「塹壕足と呼ばれる状態との戦いは絶え間なく困難なゲームでした」と主張しました。

塹壕の足に苦しんでいる男性の写真

Arthur Savageは、塹壕の足が深刻な結果をもたらしたと指摘しました。私の記憶は、壊疽になった塹壕の足を持っていたために男性がすすり泣くのを見るのはまったくの恐怖と恐怖でした。彼らは足を失うことを知っていました。」フランク・パーシー・クロジエ准将は、将校がどのように問題を解決しようとしたかを説明しました。「靴下を交換してラインで乾かし、サイハイブーツを履いて、出てきたときに4日ごとに乾かします。」

塹壕の足の唯一の救済策は、兵士が足を乾かして靴下を1日に数回交換することでした。 1915年の終わりまでに、塹壕にいるイギリス兵は3足の靴下を持っていなければならず、少なくとも1日に2回は靴下を交換するように命じられていました。兵士たちは足を乾かすだけでなく、鯨油から作られたグリースで足を覆うように言われました。正面の大隊は毎日10ガロンの鯨油を使用すると推定されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です