歯が生えると下痢を引き起こしますか?

ベビーケアByDrOmbeva Malande | 2014年10月25日03:46:00GMT +0300

この記事を共有する

歯が生えることが赤ちゃんに下痢を引き起こすかどうかの問題は、おそらく人間の赤ちゃんの看護の実践と同じくらい古いです。

歯が生えるとは、歯が生える過程を指します。一般的に、ほとんどの赤ちゃんは生後4〜7か月で最初の歯を手に入れ始めます。多くの場合、最初の歯は下の2つの歯で、その後に上の歯が続きます。多くの乳児が同時に歯が生えることと下痢を経験することが観察されており、下痢は歯が生えることが原因である可能性があります。

歯が生えることはすべての乳児にとって正常な生理学的事象です。それは多くの神話や誤った信念に関連付けられています。一部の乳児は問題なく歯が生える過程を経ますが、他の乳児は多くの症状を発症します。

  • 1。女性は、あなたが眠れないときに何をすべきかについてのセラピストの便利なアドバイスを共有します
  • 2。 2021年に健康を増進するのに役立つ6つのハック
  • 3。朝食に辛いカレーを食べると「楽な減量」につながる可能性があるとダイエットの第一人者は言います
  • 4。肌の老化が早くなる7つの理由

歯が生えるときの下痢はすべての赤ちゃんに起こるわけではありません。一部の専門家は、歯が生えるときに生成される過剰な唾液が腸を刺激してより頻繁に動く可能性があると考えています。

歯が生えるときに下痢をしている赤ちゃんもインフルエンザ様の病気で、炎症を起こし、顔が紅潮している可能性があります。インフルエンザウイルスに感染し、歯が生えることとは何の関係もありません。歯が生える下痢が発熱、腹痛、または便の血に関連している場合は、医師の診察を受けることをお勧めします。

歯が生える子供には、よだれ、あごの周りの発疹、軽度などの他の症状が見られる場合があります。湿った咳、かゆみを伴うガム、痛み、微熱、睡眠不足、食欲不振。これらの症状はすべて短命であり、通常、最初の歯の発疹後に悪化します。

最初の2つの歯が現れたら、残りの歯が生えるプロセスは多くの問題なく進みます。ただし、ほとんどの場合、歯が生える下痢は短命で、24〜48時間以内に消え、通常は軽度で、腸の動きが少し緩くなります。

歯が生える下痢の治療は効果的です。赤ちゃんは、腹部が膨満していないことと、十分な水分を摂取していることを確認する必要があります。

歯が生えるときに下痢をするほとんどの赤ちゃんは、いくつかの緩い排便を除いて、一般的に不快感を示しません。 。 2〜3日以上続く持続性の下痢の場合は、医師の診察を受ける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です