Reddit-MechanicAdvice-エンジンのライトの点滅、車のスパッタリング、コードの読み取りの失火を確認します

1999年のアキュラインテグラを持っています。ディストリビューターは約3ヶ月前に交換されました。それ以前は、運転中に電源が切れるまで、車は正常に動作していました。整備士は、スパークプラグが撃たれ、おそらくディストリビューターが揚げられる原因になると述べたので、ディストリビューターを交換してから数日後に自分で交換しました。直後、アイドリング時に車が飛び散る。翌日、チェックエンジンランプが点灯しました。しかし、それは金曜日の午後であり、整備士は月曜日まで閉鎖されていました。彼が再び開いたときまでに、ライトは消え、スパッタリングは停止していました。

昨日まで早送りします。何マイルも問題なく走っていたのですが、また車をスタートさせてみると、1時間ほどオフになってからスパッタリングが始まりました。 1マイルかそこら後、それは滑らかになり、停止しました。私は1時間強の間もう一度停止し、スパッタリングが再開されました。今回はチェックエンジンランプも点灯しました。最初はしっかりしていましたが、その後すぐに点滅し始めました。テストを受けるためにどこよりも家に近かったので、アパートに戻しました。

今朝、オートゾーンに持って行ってコードを読み取らせました。車は順調にスタートし、スパッタリングはまったくありませんでした。チェックエンジンライトは点灯していましたが、点灯していました。オートゾーンのコードは、シリンダー1 & 2の失火とランダムな失火を示していました。オートゾーンを出た直後、車は次の信号でスパッタリングを開始し、チェックエンジンライトが再び点滅し始めました。

オートゾーンの店員は、これらのコードの原因である最も一般的な原因はEGRバルブの詰まりであると述べました。燃料噴射装置の詰まり。車の走行距離は132,000マイルなので、2回目のEGRクレンジングの予定はありませんが、75,000マイルのマークで所有していなかったため、元のクリーニングがあったかどうかはわかりません。

関係があるかもしれないし関係ないかもしれない。問題が始まる前の晩にガソリンを車に入れていた。その時点では燃料ランプが点灯するのに十分な低さだったが、5マイル未満で運転した。その状態なので、「完全に乾くのに非常に近いはずはありませんでした。

私の質問は次のとおりです。

1)この情報を踏まえて、運転を続けても安全だと思いますか?私のメカニックが月曜日に開車するまで車を走らせますか?私はおそらく、数回の旅行の間に、今週末に合計10マイル未満を乗せるでしょう。

2)燃料噴射クリーナー添加剤を試す価値はありますか?オンラインでのレビューはまちまちですが、Techronを使用したChevronブランドは実際に機能する数少ないブランドの1つであると人々は考えているようです。偶然にも、それは私の近くで入手できる数少ない(そして最も安い)バージョンの1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です