大腰筋

元の編集者-OyemiSillo

トップコントリビューター-Samrah khan、Vidya Acharya、Kim Jackson、Oyemi SilloとGeorgePrudden;

説明

大腰筋は長いです脊柱の腰部と小骨盤の縁の側面に配置された紡錘状の筋肉。腰筋は、体幹と下肢をつなぐ主要なコネクタであるため、ランニング、ダンス、座る、歩くなどの日常生活のさまざまな活動に関与しています。骨盤の動きは腰椎の変化を引き起こし、それによって腰筋の引っ張り線を変える可能性があります。筋。したがって、脊椎の安定化と姿勢の維持に役立ちます。

大腰筋は、遅いと速い両方のけいれん筋繊維でできています。大腰筋の繊維タイプの構成は、その動的および姿勢機能を示しており、事実を裏付けています。つまり、それは股関節の主屈筋(動的機能)であり、腰椎、仙腸関節、股関節のスタビライザー(姿勢機能)です。大腰筋の頭側部分は主に姿勢の役割を果たしますが、筋肉の尾側部分は動的な役割を果たします。

起源

大腰筋は解剖学的に表面的であると考えられていますそしてそれを通る腰神経叢の枝の存在による深い部分。表層部-腰神経叢を覆い、T12およびL1からL4の椎骨の側面から始まり、介在する椎間板を含みます。主に腰神経叢の枝の奥深くにある深い部分は、腰椎L1からL5の横突起に由来します。

挿入

筋肉の繊維は、後腹壁を下るときに広い起点から収束し、骨盤入口/縁を横切って長い腱を形成し、結合します腸骨筋からの多種多様な繊維による骨盤領域内で、最終的に大腿骨の小転子に挿入されます。

神経供給

腰椎神経叢を形成するために結合する前に、腰髄神経(L1、L2、およびL3)の腹側枝から分岐します。

血液供給

筋肉は、大動脈、腎動脈の小さな枝、総腸骨動脈の小さな筋肉の枝、および腸骨動脈の4つの腰動脈から血液を受け取ります。深部回旋腸骨動脈。
アクション

  • 股関節での大腿部の屈曲
  • 横回転と大腿部の外転における最小限のアクション

機能

腰椎を安定させ、逆動作時に直立姿勢を維持します。

ビデオ

臨床的重要性大腰筋:

比較的、大腰筋が関与する状態はあまり一般的ではありません。ただし、腸腰筋および腸腰筋に関連して発生する多くの状態には、感染性(特に腸腰筋膿瘍)、出血、腫瘍性病変、および外傷や外科的処置中に発生する損傷が含まれます。

腸腰筋症候群および腸腰筋腱炎:

腸腰筋症候群と腸腰筋腱炎はあまり一般的ではないため、誤診されることがよくあります。臨床的には、腰痛、鼠径部と骨盤の痛み、膝に向かって放射状の痛みなどの症状が現れます。これは、股関節の屈曲(したがって歩行が困難)である大腰筋の主要な機能を停止し、完全に直立した姿勢を維持します。この状態は主に急性/酷使による怪我、より一般的にはランナー、運動活動、プライオメトリックス、バレエダンサーなどのスポーツ特有の怪我に見られます。これは、内部股関節サルタンとして知られています。

長時間の座位と長時間の座位を必要とする作業は、腰筋を短くタイトな位置に置く傾向があり、腰筋症候群を引き起こします。それらは主要な屈筋であるため、弱い腰筋は周囲の筋肉の多くを補い、使いすぎになる可能性があります。そのため、腰筋がきつく、または伸びすぎていると、腰痛や骨盤痛を引き起こす可能性があります。腸腰筋腱炎はまた、鼠径部の痛みとスナップ(クリック)を特徴とするスナップヒップ症候群を引き起こす可能性があります。

さらに、横隔膜の制限は、腰筋の機能不全によっても発生する可能性があり、腰筋のけいれんは、背中のより多くの障害を引き起こす可能性があります他の病的状態よりも筋肉。タイトな大腰筋は、胸郭の前方に突き出すことができます。これにより、胸の浅い呼吸が引き起こされ、摂取される酸素の量が制限され、首の筋肉の過剰使用が促進されます。

「大腰筋、「魂の筋肉」

psoasのユニークな場所はそれを作ります人体の最も深いコア筋肉であり、体幹と下肢をつなぐ唯一の筋肉です。したがって、それは人体の安定性とバランスに重要な役割を果たします。腸腰筋は内臓を支え、油圧ポンプのように働き、血液やリンパ液を細胞に出し入れすることができ、腎臓や副腎が載る筋肉の棚を作ります。 横隔膜の動きは、呼吸中に大腰筋と隣接する臓器を優しくマッサージし、それによって血液循環を刺激します。 しかし、大腰筋のバランスが崩れると、腎臓と副腎も影響を受け、肉体的および精神的な消耗を引き起こします。

したがって、大腰筋は小さな筋肉のように見えるかもしれませんが、歩行、姿勢の調整、バランス、柔軟性、 関節の可動性と臓器の機能は、評価とスクリーニングの際に、臨床的に重要になります。

関連リンク

小腰筋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です