ハンフォードサイト

ハンフォードサイト、別名(1943–46)ハンフォードエンジニアワークスまたは(1947–76)ハンフォード核保護区、第二次世界大戦中に設立された米国の大規模核サイトプルトニウムの生産のために、そのいくつかは最初の原子爆弾で使用されました。リッチランドの北西、ワシントン州中南部に位置し、もともとはマンハッタン計画のユニットとして米陸軍工兵隊によって運営されていましたが、後に民間政府機関によって管理されました。 1990年に操業を停止した後、ハンフォードサイトは米国史上最大の環境浄化作業となりました。

このサイトは、人口密集地域から隔離され、大量に利用できることから、1942年に選ばれました。コロンビア川からの冷却水とグランドクーリーダムおよびボンネビルダム水力発電設備からの電力の供給。ハンフォードとホワイトブラフスの2つの町が避難し、ワナプムのネイティブアメリカンの国はサイトのクリアランスの過程で移転しました。ハンフォードエンジニアワークスは、40万エーカー(16万ヘクタール)の土地と呼ばれ、当初はデュポンの化学会社との契約に基づいて管理されていました。戦争中、51,000人もの人々が現場で働いていました。

ハンフォードの水冷原子炉は、既存の原子炉よりも大きく、1回の事故の可能性を減らすために互いに遠く離れて設置されました。操作全体がシャットダウンする可能性があります。彼らの目的は、ウランからプルトニウムを合成することでした。原子炉で核連鎖反応を起こした後、使用済みウランは鉄道車両に積み込まれ、冷却のために保管された後、化学分離プラントに移され、そこでウランが液化され、プルトニウムが回収されました。 3つの元の分離プラントは、長い(800フィート)トレンチ内に建設されたため、キャニオンと呼ばれていました。

最初の生産リアクターであるBリアクターは、1944年9月にオンラインになりました。翌2月、プルトニウムの最初の出荷はニューメキシコ州ロスアラモスに送られ、そこで原子爆弾が製造されました。ハンフォードからのプルトニウムは、1945年7月16日にニューメキシコ州アラモゴードの近くで爆発した爆弾(トリニティテスト)と、8月に日本の長崎で爆発したときに事実上戦争を終わらせた爆弾(ファットマンと呼ばれる)に燃料を供給した9.(広島の爆弾は、テネシー州オークリッジの核施設からのウラン235によって燃料を供給されました。)

Britannica Premiumサブスクリプションを取得して、独占コンテンツにアクセスします。今すぐ購読

1946年、ハンフォードエンジニアワークスは軍事管理から外され、ゼネラルエレクトリックが元請業者としてデュポンに取って代わりました。 1947年、ハンフォード原子力保護区は、当時知られていましたが、新しく設立された原子力委員会の管轄下に置かれました。プルトニウムの生産は戦後一時的に停止したが、冷戦が激化するにつれて1948年に再開した。 1949年から1955年の間にさらに5基の原子炉が稼働しました。9番目で最後の原子炉であるN原子炉は、1964年3月に運転を開始しました。他の原子炉とは異なり、プルトニウムだけでなく電力も生産しました。最初の8基の原子炉は1964年から1971年の間に閉鎖されたが、N原子炉は1987年まで使用され続けた。最後の化学分離プラントであるPUREX(プルトニウムウラン抽出プラント)は1990年に閉鎖された。

プルトニウムは-生産方法は何年にもわたってより効率的になり、大量の核廃棄物がハンフォードに残り、その多くは腐食性で、物理的に高温で、危険な放射性液体の形でした。廃液は現場で177の地下タンクに保管され、そのうち最大のものは1,000,000ガロン(3,785,000リットル)の容量でした。最初に設置されたのはシングルシェルタンクで、そのいくつかは何年にもわたって漏れを発生させました。より安全なダブルシェルタンクは後で設置されました。一部の廃液は直接地面に捨てられました。固形廃棄物に関しては、最も顕著な形態は使用済み核燃料であり、そのうちの2,000トン以上が、コロンビア川の近くにある水で満たされた盆地内の腐食しやすいキャニスターに貯蔵されていました。作業服から鉄道車両に至るまで、その他の汚染された固形物は通常、ピットや塹壕に埋められていました。

1977年以来、ハンフォードサイトは米国エネルギー省(DOE)の管理下にあります。正式な浄化は、DOE、環境保護庁、およびワシントン州によって交渉された、三者協定と呼ばれる協定の条件の下で1989年に始まりました。予定されていた作業は広範囲でした。これには、9基の原子炉のうち8基を繭(鋼とコンクリートで包む)が含まれ、国定歴史建造物として維持されるのはB原子炉建屋だけでした。他のほとんどの構造物を破壊する。廃液の一部をガラス化(ガラス状の固体に変換)します。使用済み固形燃料を国の貯蔵所に移動する。汚染された地下水を処理します。21世紀初頭までに、作業の多くは未完了のままであり、クリーンアップは2040年代まで続くと予想されていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です