ルフォー型骨折イメージング

ルフォー型骨折は、すべての顔面骨折の10〜20%を占めます。それらは、かなりの量の力にさらされた結果として生じます。自動車事故(MVA)が主な原因です。その他の原因には、暴行や転倒などがあります。シートベルトの法則と自動車メーカーによるエアバッグの使用の増加により、顔面中央部の骨折の全体的な発生率は減少しました。

(以下のルフォー型骨折の画像を参照してください。)

ルフォー型骨折。
右ルフォーIII骨折と左ルフォーII骨折の患者の冠状CT。
両側翼突筋骨折。
軸方向の画像。両側翼状突起プレートの骨折に注意してください。
右ルフォーI骨折と左ルフォーII骨折の患者の3次元再構成。
右ルフォーI骨折と左ルフォーII骨折を示す冠状CT。

ルフォー分類システム

ルネルフォーは、彼の骨折の古典的なパターンを説明しました1901年の作品。ルフォーの実験は、いくつかの階から死体の頭蓋骨を落とすか、木製のクラブでそれらを打つことで構成されていました。彼は3つの異なる骨折パターンを発見し、それをリネアマイナースレジスタンスと呼びました。上顎骨から;ルフォーII骨折では、上顎骨が顔面から分離します。ルフォーIII骨折では、頭蓋顔面骨折が存在します。

ルフォー型骨折。

ルフォーI型骨折は、鼻の床、錐体状の開口部、犬の窩、上壁からの側壁を横切る低横方向の骨折であり、その結果、口蓋が上顎骨折。これらの骨折は、咬合不良と歯の骨折に関連しています。

ルフォーII骨折は、上顎骨と涙骨の上昇過程で鼻骨を横切り、眼窩縁を横切ります。 。ルフォーII骨折は、tで翼状突起プレートの後方に伸びています。彼は頭蓋底です。ルフォーI骨折は中隔骨折が少ないのが特徴ですが、ルフォーII骨折は中隔骨折が高くなります。

ルフォーII骨折のみが軌道縁に違反します。 。眼窩下孔にこのように近接しているため、II型骨折は眼窩下神経過敏症の発生率が最も高いことに関連しています。眼窩の関与は、外眼筋損傷、眼窩血腫、眼球破裂またはインピンジメント、および視神経損傷を含む合併症の発症につながる可能性があります。さらに、内側上顎バットレスの損傷は、鼻血、脳脊髄液(CSF)鼻漏、涙管および嚢の損傷、内側カンタル腱損傷、および副鼻腔ドレナージ閉塞に関連しています。

最後に、ルフォーIII骨折は、上顎骨、涙骨、乳頭層、および眼窩底の前頭突起を横断します。この骨折は、しばしば篩骨の後板に関係します。その場所のために、ルフォーIII骨折はCSF漏出の最も高い率と関連しています。

ルフォー分類システムの欠点

その欠点にもかかわらず、ルフォー骨折分類システムは、骨折と場所を分類するための最も受け入れられている方法です。顔面中央部の骨切り術の。ただし、調査によると、この分類システムは不正確である可能性があります。最初の分類は、低速および低エネルギーの刺激イベントによって引き起こされた傷害パターンに基づいていました。しかし、現在、ルフォー型骨折は主に自動車事故やその他の高エネルギー衝突によって引き起こされています。それらは片側性または両側性、対称性または非対称性であり得、他の顔面骨折を伴うことが多い。多くの場合、骨折は上顎洞、ならびに内側および外側のバットレスを通って広がります。

さらに、ほとんどの顔面中央部の骨折にはある程度の粉砕があり、ルフォーシステムでは対処されていない骨折と変位によって複雑になっています。これらの顔面中央部の骨折には、口蓋、内側上顎弓、歯槽骨、および前上顎骨折が含まれます。

その他の分類システム

口蓋損傷は、主に関連して発見され続けています顔面中央部または顔面全体の骨折を伴い、単独で発生することはめったにありません。それらは、典型的なルフォー型骨折の用語に分類されていません。しかし、ルフォーは上顎骨折に関する彼の論文で口蓋への外傷を説明しました。ルフォー型骨折患者の口蓋骨折の発生率は、8〜13%の報告にあります。

口蓋骨折は、ヘンドリクソンらによって分類されました。ヘンドリクソンらは、次の6種類の口蓋骨折について説明しました。I、前外側および後外側肺胞。 II、矢状; III、傍矢状; IV、傍肺胞; V、複雑;およびVI、横方向。口蓋骨折は、100%の確率でルフォーI骨折に関連し、50%の確率でルフォーII / IIIまたは下顎骨折に関連しています。

他にも多くの分類があります顔面中央部の骨折を説明するためのシステム。 Donat et alのシステムでは、顔は垂直ビームと水平ビームのマトリックスに分割され、11個の片側サイトと22個の両側サイトの格子を作成します。この格子は、顔面中央部の骨折を説明するために使用されます。顔面中央部骨折の87人の患者の予備データによると、このスキームにより、98%の確率で医師間の正確な転写とコミュニケーションが可能になりました。

もう1つの分類システムはWassmundシステムです。このシステムは、骨折をグレードI〜Vに分類します。 Wassmund I骨折は、Le FortII骨折と同等です。 Wassmund IV骨折は、Le FortIII骨折と同等です。ワスムンドIII骨折は、鼻骨を含まないルフォーIII骨折として特徴付けられます。

マンソンは、CT所見に基づいて顔面骨折分類システムについて説明しました。彼は骨折を低衝撃骨折と高衝撃骨折に分けました。

好ましい検査

ルフォー型骨折のさらなる評価を引き起こすはずの放射線学的特徴には、ルフォー型骨折のすべてのタイプに見られる翼状突起骨折。他の兆候には、外側鼻壁、下眼窩縁、外側眼窩壁、および頬骨弓の骨折が含まれます。

推奨される放射線検査は、顔面骨のCTスキャンであり、骨窓に冠状断面と軸断面を使用して詳細を最大限に確認します。顔面中央部の骨折は、CT画像で最もよく評価されます。単純X線撮影とMRIは、顔面中央部の骨折の評価においてより限定的な役割を果たします。 CTは、軟部組織の変化や急性頭蓋内変化の評価にはMRIほど適していません。ハードウェアと歯科用充填物は散乱効果を引き起こす可能性があり、特定の状況では骨折の解釈を困難にします。

以前は、篩板、軌道屋根、軌道床の適切な検査が必要でした冠状面の画像。直接冠状CTスキャンが必要です。ただし、直接冠状CTスキャンを取得するには、頸椎をクリアする必要があり、これは貴重な時間を無駄にする可能性があります。直接冠状CTスキャンを取得すると、コストが増加し、電離放射線への患者の被曝が増加し、不安定な可能性のある患者をスキャナー自体に移送する必要があります。

顔面骨折のある患者は潜在的な頸椎および頭部外傷について評価されました。ルフォー型骨折は、脊髄損傷または脱臼(1.4%)および頸髄損傷(1%)に関連しています。高悪性度のルフォー型骨折(タイプIIおよびIII)は、頭蓋内損傷のリスクがそれぞれ2.88倍および2.54倍増加することに関連しています。

鈍い顔面外傷は、1.2%の症例で内頸動脈損傷に関連していることがわかっています。具体的には、内頸動脈損傷は、ルフォーI、II、およびIII骨折の患者のそれぞれ6.9%、5.6%、および3.0%で発見されています。

頸動脈または内顎動脈への関連する損傷が懸念される場合(塞栓形成前に動脈出血の部位を特定する場合など)、血管造影が必要になる場合があります。

ルフォー型骨折の詳細については、顎動脈およびルフォー型骨折を参照してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です