狂犬病ウイルスの経路


ウイルスは体内を移動する

狂犬病の犬、猫、フェレットについて行われた数多くの研究から、狂犬病ウイルスが別の動物からの咬傷によって筋肉に導入され、神経内を移動することにより、咬傷部位から脳に移動します。この間、動物は病気に見えません。

噛まれてから症状が現れるまでの時間は潜伏期間と呼ばれ、数週間から数か月続く場合があります。潜伏期間中に動物に噛まれても、ウイルスがまだ唾液に到達していないため、狂犬病のリスクはありません。

ウイルスが脳に到達する

後期病気は、ウイルスが脳に到達し、そこで増殖して脳の炎症を引き起こした後、脳から唾液腺と唾液に移動します。

また、この時点で、ウイルスが増殖した後脳では、ほとんどすべての動物が狂犬病の最初の兆候を示し始めます。これらの兆候のほとんどは、訓練を受けていない観察者でも明らかですが、短期間、通常は3〜5日以内に、ウイルスが脳に十分な損傷を与え、動物が狂犬病の紛れもない兆候を示し始めます。

犬、猫、フェレットに関する広範な研究では、狂犬病ウイルスは、病気が現れる数日前に感染した動物の唾液に排出される可能性があることが示されています。このような広範な研究は野生生物種については行われていませんが、野生生物種は病気の兆候が現れる前に唾液中に狂犬病ウイルスを排出することが知られています。ウイルスの排泄は断続的である可能性があり、排泄されるウイルスの相対量は、臨床症状の発症の前後で、時間の経過とともに大きく変化する可能性があります。

曝露と曝露の間の時間に大きな変動がある理由病気の発症は、曝露部位、狂犬病ウイルスの種類、曝露された動物または人の免疫など、多くの要因が関与することです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です