クーロン

クーロン(記号C)は、国際単位系(SI)の標準的な電荷単位です。それは無次元量であり、この側面をほくろと共有しています。 1 Cの量は、約6.24 x 1018、つまり6.24兆に相当します。

SI基本単位系では、クーロンは1アンペア秒に相当します。逆に、Aの電流は、1秒で特定のポイントを通過して流れる1Cの単位電荷キャリアを表します。単位電荷は、単一の電子に含まれる電荷の量です。したがって、6.24 x1018の電子は1Cの電荷を持っています。これは、6.24 x1018陽電子または6.24x 1018陽子にも当てはまりますが、これら2種類の粒子は、電子とは反対の極性の電荷を帯びています。

2つの帯電した物体が引き付けたり反発したりする力お互いは、両方のオブジェクトの電荷の積(クーロン単位)と、オブジェクト間の距離に依存します。極性が同じ(負/負または正/正)の場合、いわゆるクーロン力は反発力です。極性が反対(負/正または正/負)の場合、力は引力になります。任意の2つの帯電した物体の場合、クーロン力はそれらの帯電中心間の距離の2乗に比例して減少します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です