生産性の高いチームに最適な15のコラボレーションツール

平均して、メールの数あなたは毎日同僚と交換しますか?そして、目標や進捗状況についてチームに説明するのに通常どのくらいの時間がかかりますか?答えが気に障る場合は、コラボレーションツールの更新を検討する必要があります。

チームコラボレーションソフトウェアが増えています。コミュニケーションからプロジェクト管理まで、テクノロジーは豊富なオプションを提供します。毎年、より多くのオンラインコラボレーションツールが登場しますが、既存のツールは常に機能を改善しています。一部の企業は、共同管理構造であるホラクラシーを通じて成長し、繁栄しています。

バーチャルオフィスツールの完全なリスト

ここで必要なものが見つかりませんか?完全に機能する仮想作業環境を含むように進化するビジネスに役立つ技術ツールの完全なリストがあります。

仮想的に成長する

これが15のリストです。チームのニーズをサポートできる最高のコラボレーションツールの例:

チームとのコミュニケーション

コミュニケーションをとらないと、人々はコラボレーションできません。インスタントメッセージングからビデオ会議ツール(対面会議の最良の代替手段)まで、チームコラボレーションツールには多くのオプションがあります。

Flowdock

Flowdockはグループでプライベートですチャットプラットフォーム。その最も興味深い機能は、Twitter、Asana、カスタマーサポートツールなどの他のチャネルからの通知を集約するチームの受信トレイです。

GoToMeeting

GoToMeetingは、ユーザーができるオンラインビデオ会議ソフトウェアです。会議をスケジュールし、画面を共有します。これは、数百万人のユーザーに最も人気のあるビデオツールの1つです。

Slack

Slackは、インスタントメッセージング、ファイル転送、強力なメッセージ検索を提供する、人気のある巧妙なプラットフォームです。多くの機能があり、TrelloやIntercomなどの他のツールと数十の統合があります。

WebEx

CiscoのWebExは、ユーザーが会議を主催および参加できるパーソナライズされたビデオ会議室を提供します。人々はWebExを使用して、チームコラボレーション、ウェビナー、トレーニング、カスタマーサポートを行うことができます。

テクノロジーは優れたイネーブラーです

デジタル変革は、ビジネス運営を円滑にするための最優先事項であるだけではありません。 、また、新しい調査によると、COVID後の世界でのリモートワークへの道を切り開きます。

詳細レポートで詳細をご覧ください

プロジェクトの管理およびタスク

プロジェクト管理ツールは重要です。タスクの進行状況を監視したり、目標を追跡したりできない場合、誰が効果的に調整できますか?

Asana

最もよく知られているプロジェクト管理ツールの1つである、Asanaを使用すると、ユーザーはタスクを割り当てることができます。他のメンバーに、プロジェクトにフォロワーを追加し、締め切りを監視します。戦略的計画のやることリストやカレンダーとして非常に便利です。

Dapulse

Dapulseは、コミュニケーション、目標の設定、タスクの割り当てに役立つコラボレーションツールです。その大きな利点は、優れたビジュアルデザインを備えているため、理解と操作が簡単です。

ProofHub

ProofHubは、コラボレーションとプロジェクト管理の包括的なスイートを提供する作業管理ツールです。機能。このプラットフォームでは、ファイルを整理し、プロジェクトを計画および監視し、同僚や利害関係者と話し合うことができます。 ProofHubでは、オンライン校正ツールを使用してファイルを確認および承認することもできます。

Redbooth

Redboothは、使いやすいプロジェクト管理ツールです。そのプラットフォームにより、ユーザーはビデオ会議からガントチャートの作成まで、多くの機能を計画および共同作業できます。

Trello

Trelloには、ソリティアに似た魅力的なインターフェースがあります(タスクカードをドラッグすることもできます)。トランプと同じように列)。習得は簡単で、プロジェクトの監視やタスクの割り当てに適しています。 Trelloを使用すると、アジャイル、スクラム、その他のプロジェクト管理フレームワークを簡単に使用できます。

Wimi

Wimiは、チームがプロジェクトを管理し、ファイルやカレンダーを共有できる独自の「統合ワークスペース」をユーザーに提供します。権限ベースのシステムを使用して、各ワークスペースのアクセスを制御できます。ファイル同期ソフトウェアであるWimiDriveは、クラウドテクノロジーを最大限に活用するのに役立ちます。

Milanote

Milanoteは、ブログを含むさまざまな目的に使用できる認定ツールの1つです。 。このツールを使用すると、クリエイティブなプロジェクトを整理して、優れたビジュアルボードに配置できます。クリエイティブなスタジオで壁に取り組んでいるような感覚を味わえます。 Milanoteは、リモートで作業する設計者にも最適です。

関連:最新の人事チーム向けの採用ツールとテクニック

一緒に作成

タスクはありません。 t常に一人の責任。チームメンバーが一緒に作成する必要がある場合があります。最高のコラボレーションツールは次のとおりです。

Codingteam

コーダーは、Codingteamなどのプラットフォームを介してコードを作成するときに簡単にコラボレーションできます。可視性と集合的なコード構築を促進する無料の「ソフトウェアフォージ」を提供します。

Igloo

Iglooは、人々がコミュニケーションを取り、仕事を遂行できるようにする企業イントラネットです。そのwikiを使用すると、同僚は情報やアイデアを共有できます。

Googleドキュメント

Googleを紹介する必要はありません。 Googleのコラボレーションツールには、チームがファイルを同時に編集し、すべての変更を自動的に保存できるように設計されたDocs andSheetsサービスが含まれています。

Quip

Quipは、モバイルアプリと後でデスクトップバージョンをリリースしました。チームは、さまざまなファイルタイプをインポートしてライブで作業できます。編集内容は自動的に保存され、チャット、コメント、チェックリスト機能によりコラボレーションが容易になります。

選択方法

企業は、個々のニーズに合ったソフトウェアを選択する必要があります。チームに最適なサービスを特定するために使用できる基準は次のとおりです。

複数の機能を優先する

一部のツールは優れたサービスを提供しますが、チームコラボレーションの1つの側面にのみ焦点を当てています。これが実際にどれほど効率的であるかを考えてみてください。チームは、補完的なソフトウェア間で変更することに時間を費やすことになる可能性があります。機能が豊富で、さまざまな方法で使用できるツールを探すことをお勧めします。

使いやすさを探す

これは明らかに最も重要な基準の1つです。 。サービスは機能するが、慣れるのに時間がかかる場合、チーム(特に急成長しているチーム)には役立ちません。デモをリクエストし、直感的なインターフェイスとシンプルなナビゲーションに注目してください。

プライバシーオプションに注意を払う

チームとのコラボレーションは、すべての会話とファイルを公開する必要があるという意味ではありません。チームメンバーにプライベートな会話をしたり、機密性の高いプロジェクトに取り組んだりすることが必要になる場合があります。サービスを選択する前に、プライバシーオプションを確認してください。

クラウドを選択する

クラウドベースのテクノロジーには多くの利点があります。最近の編集やアクティビティを確認できるようにすることで、バージョン管理の問題を解決できます。すべての情報はオンラインで保存されるため、どこにいても全員が同じページにアクセスできます。

統合と互換性を求める

複数の機能を備えたツールを使用することをお勧めします。 ?まあ、いつもではありません。時折、あなたは1つのことを完璧に行うツールを発見します。統合が重要です。他のアプリやソフトウェアとシームレスに統合できるツールを探してください。互換性も重要です。たとえば、ツールは、チームが通常使用するすべてのファイルタイプをサポートする必要があります。

チュートリアル:17の効果的な候補ソーシングツール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です