回答

レビ記の第11章に記録されているイスラエルの食事法には、たとえば豚肉を食べることの禁止が含まれており、特定の宗教的理由、おそらく健康上の理由から与えられました。

しかし、新約聖書は、新約聖書の時代には、宗教上の理由からこれらの旧約聖書の食品法を遵守する必要がなくなったことを明らかにしています。イエスご自身が、すべての食物は「きれい」であると宣言されました(マルコ7:17-23)。

使徒10:9-16で、ペテロは、使用を拒否しないというビジョンを通して神から知らされました。使徒パウロはまた、「神が創造されたものはすべて善であり、感謝をもって受け取られたとしても、神の言葉と祈りによって奉献されているので、拒絶されることはありません」と書いています( 1テモテ4:4)。

聖書は、「神の国は食べたり飲んだりすることではなく、聖霊の正義、平和、喜びの問題である」と明言しています(ローマ14: 17)。

特定の食べ物を食べても食べなくても、救いの恵みはありません。私たちは主イエス・キリストへの信仰を通して恵みによって救われます。エペソ2:8-10を参照してください。もちろんこれは食べ物に使うすべての動物が私たちの健康に関して同じ価値があるという意味ではありません。

多くの人々は、旧約聖書の食事法に従うことで、神の恵みを勝ち取り、永遠の命を得ることができると感じています。しかし、誤解です。あなたは自分自身を救うことはできませんが、キリストは救うことができます。そしてあなたが信仰によってあなたの人生を彼に託すとき、彼はそうするでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です