アルゴリズム


アルゴリズムとは何ですか?

アルゴリズムは、問題を解決したり、タスクを実行したりするための一連の命令です。アルゴリズムの一般的な例の1つはレシピです。これは、料理/食事を準備するための特定の指示で構成されています。すべてのコンピューター化されたデバイスは、アルゴリズムを使用してその機能を実行します。

重要なポイント

  • アルゴリズムは次のとおりです。問題を解決したり、タスクを実行したりするための指示。すべてのコンピューター化されたデバイスは、アルゴリズムを使用してその機能を実行します。
  • 自動取引またはブラックボックス取引とも呼ばれるアルゴリズム取引は、コンピュータープログラムを使用して、人間が不可能なペースで証券を売買します。株式、債券、商品の価格はオンラインや取引データにさまざまな形式で表示されるため、アルゴリズムが多数の財務データを消化するプロセスが簡単になります。
  • コンピューターアルゴリズムは、時間を短縮することで生活を楽にします。手動で物事を行うのにかかります。自動化の世界では、アルゴリズムにより、作業者はより熟練し、集中することができます。アルゴリズムは、遅いプロセスをより熟練させます。多くの場合、特に自動化では、アルゴリズムは企業のお金を節約します。

アルゴリズムのしくみ

金融会社はローンの価格設定、株取引、資産負債管理、および多くの自動化機能などの分野のアルゴリズム。たとえば、「アルゴ」取引として知られるアルゴリズム取引は、株式注文のタイミング、価格設定、および数量を決定するために使用されます。自動取引またはブラックボックス取引とも呼ばれるアルゴリズム取引では、コンピュータープログラムを使用して、人間が不可能なペースで証券を売買します。

株式の価格から、債券や商品はオンラインや取引データにさまざまな形式で表示されるため、アルゴリズムが多数の財務データをダイジェストするプロセスが簡単になります。プログラムのユーザーは、証券がトレーダーの基準を満たしたときに、パラメーターを設定するだけで目的の出力を取得できます。

コンピューターアルゴリズムは、手動でかかる時間を短縮することで、生活を楽にします。自動化の世界では、アルゴリズムによって労働者はより熟練し、集中することができます。アルゴリズムにより、遅いプロセスがより熟練します。多くの場合、特に自動化では、アルゴリズムによって企業のコストが節約されます。

アルゴの種類

いくつかの種類の取引アルゴリズムは、投資家が購入するか売却するかを決定するのに役立ちます。平均復帰アルゴリズムは、長期平均価格よりも短期価格を調べ、株価が大幅に上昇するかどうかを調べます。季節性とは、市場が通常上昇または下降する時期に基づいて証券を売買するトレーダーの慣行を指します。感情分析アルゴリズムは、株価に関するニュースを測定します。取引期間中の取引量の増加につながる可能性があります。

アルゴリズムの例

以下は、取引のアルゴリズムの例です。トレーダーは、50日間の移動平均が200日間の移動平均を下回った場合に、自動アカウント内で100株の株式を売却するように指示を作成します。

逆に、トレーダーは株式の50日移動平均が200日移動平均を上回った場合に、100株を購入するための指示を作成します。洗練されたアルゴリズムは、証券を売買する前に何百もの基準を考慮します。コンピューターは、自動化されたアカウントの指示をすばやく合成して、目的の結果を生成します。コンピューターがなければ、複雑な取引には時間がかかり、おそらく不可能です。

コンピューターサイエンスのアルゴリズム

コンピュータサイエンスでは、プログラマーはアルゴリズムの5つの基本的な部分を使用して、プログラムを成功させる必要があります。

まず、問題を数学的に説明します。結果を作成する式とプロセスを作成します。次に、プログラマーは結果パラメーターを入力し、プログラムを繰り返し実行してその精度をテストします。アルゴリズムの結論は、パラメーターが一連の命令を通過した後に得られる結果です。

金融アルゴリズムの場合、プログラムが複雑になるほど、ソフトウェアが証券を売買するための正確な評価を行うために使用できるデータが増えます。プログラマーは複雑なアルゴリズムを徹底的にテストします。プログラムにエラーがないことを確認します。アルゴリズムは1つの問題に使用できます。ただし、プロセスを他よりも単純化するものもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です