シーシュポスと彼の岩から学べること

2017年6月8日・2分読み取り

ソース

Sisyphusの簡単な紹介から始めましょう。シーシュポスは残酷なギリシャの王であり、急な丘の上に大きな岩を押し上げると罰せられましたが、頂上に近づくと転がり落ちました。それ以来、彼は永遠までたゆまず岩を押すことで知られています。正直なところ、彼の話を読んだとき、「シーシュポスの神話」に関するアルベール・カミュの本からの抜粋を読むまで、多くの人に紹介されているほど特別なことはよくわかりませんでした。

カミュは、シーシュポスが岩を押しながら微笑んで、過去や未来を考えずに自分の状況を受け入れていると想像しました。シーシュポスの状況に対する彼の見方は独特で、どういうわけか、シーシュポスが岩を上り坂に押し上げるという全体像が変わりました。

シーシュポスは止められず、転がるたびに衰えることなく岩を押しました。彼は重力に屈することを拒否しました。

岩を押すことはシーシュポスの目的であり、彼がどんなに邪悪であったとしても、彼は彼の目的に向けた努力で今でも記憶に残っています。岩や努力がなければ、彼は誰の議論の話題にもなりませんでした。

私たちは皆、現代のSisyphusであり、日々精力的に働いています。しかし、彼の話から学び、私たちの生活に実践できることがあります。

私たちは人生の目的(岩)を受け入れることを学ぶ必要があります。そして、私たちがそれを私たちの存在の目的として受け入れたら、それを達成するために必要なすべてを与える必要があります。シーシュポスは、状況的な失望に屈したり、失敗から逃げようとしたりすることは決してなく、達成を受け入れるのと同じ方法で失敗を受け入れることを教えています。

そして最も重要なことは、私たちが探求でどれだけ失っても、自分の可能性を実現するまで、決して後退してはなりません。

シーシュポスは彼の残酷な行為で罰せられましたが、そうではありません。そして、それが私たちが仕事に血と汗を注いだときに得られる結果に違いをもたらすものです。

岩を受け入れてください。しつこくなりなさい。一生懸命働きなさい。決してあきらめないでください。

そして旅に感謝してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です